【ヨーヨー紹介】マイヨーヨーコレクション『ヨーヨーファクトリー プロトスター』【ジョン・アンドウ】

ヨーヨーファクトリー プロトスター

 

プロトスター
メーカー:ヨーヨーファクトリー
発売年:2009年(平成21年)
価格:4,590円
シグネチャー:John Ando(ジョン・アンドウ)
ブランド国:アメリカ
ボディ形状:ステップストレート
ベアリングサイズ:サイズC(ジャム大径)
ボディ素材:プラスチック
リム種類・素材:アルミニウム
レスポンス:シリコンパッド
重さ:約67.0g
直径:約55.9mm
厚さ:約42.8mm
【参照:https://yoyostorerewind.com/collections/yoyofactory-museum/products/protostar
【参照:https://w.atwiki.jp/vipdeyoyo/pages/184.html
コメント
2009年に発売されたジョン・アンドウ氏のシグネチャーモデル。
アンドウ氏は第三期ハイパーヨーヨーの時にヨメガのプロモーターとして「トップスピナー・リュージ」だった人。
イケメンお兄さん。

プロトスターは、フルメタルでないヨーヨーでフルメタルに勝るというコンセプトを掲げた“Death to Metal”シリーズ金属リム搭載機種の第一弾。
『Death to Metal』の名の通り、フルメタルに負けない回転力、安定感を持っている良機種。
事実、当時はそこらへんのフルメタルよりこのプロトスターの方が性能が優れていた。

側面についている▲のマークは、▲同士を合わせるとブレが抑えられる目安でついている。
投げ方やフォームが悪いと傾くため、自分はフォームの矯正用として使っていた。

発売開始から13年経った2022年の今でも普通に使えるが、現在は性能の高いメタル系ヨーヨーの低価格化が進んでいるため、ジョン・アンドウが大好きな人以外は定価で購入するメリットはあまりないかもしれない。

【YouTube】PROTOSTAR by YoYoFactory


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です