メルカリで買ったLenovo ideapad 320Sのレビュー&SSD換装

パソコンは仕事兼プライベート用でレッツノートを使っているんですが、Windows11が2021年10月5日にリリースされたこともあってプライベート用パソコンを新しく新調しようと思いメルカリで探していたところ、よさげなPCを見つけたので落札。

Lenovo ideapad 320S

このPCの製品番号は81AK007PJP。NTT-X Store限定モデルらしい。

製品番号81AK007NJPも同じくNTT-X Store限定モデルで、81AK007PJPとの違いはパソコン本体のカラー。

自分が購入した81AK007PJPはミネラルグレーで81AK007NJPはゴールデン。

主な仕様は以下の通り。

OS:Windows 10 Home 64bit (日本語版)
CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
メモリ:8GB(PC4-19200 DDR4 SDRAM)
SSD:256GB (PCIe NVMe/M.2)
https://www.lenovo.com/jp/ja/static/catalog/nb-2017-ip320s_rt_1017_5

今回リリースされたWindows11のアップグレード要件は、これを書いている時点でインテルCPUは第11世代がリリースしていますが第7世代のCPUも要件対象に入ってないCPUがある等、正式な要件が厳しくなっています。

下記にWindows11をサポートしているインテルCPUのリンクを貼っておきます。
https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/design/minimum/supported/windows-11-supported-intel-processors

まあ対応していなくても要件回避してインストールもできるので詳しい人はそっちでやるといいと思います。

自分が購入したLenovo ideapad 320SのCPUはCore™ i5-8250UでWindows11に適用しているCPUになります。

ちなみにこのPCは製造終了していて、当時の価格は7万円ぐらい。それをメルカリで35,000円で購入しました。

出品者の状態の説明では目立った傷や汚れ無しだったのですが、実際に届いたら角が削れてたり底面に傷があったりで35,000円は高かったなあと若干後悔。

購入してから調べていて気付いたのですが、320Sのメモリはオンボードで取り外し出来ない&余裕のあるメモリースロット0なので交換不可らしい。

SSDを交換するついでに本当にメモリ交換できないのか確認してみる。

それではさっそくパソコンを開けてみます。

自分はレノボPCを触るのは今回が初めて。

キャンプやヨーヨー系のブログをやっている僕ですが、実はガジェット系ブログを運営していたこともあるぐらい実はPC好き。

そんな自分だけどなぜか今までレノボを使ったことがなかった。

この320sは裏蓋のねじを外せば中にアクセス出来る簡単親切設計で感動。

だけどねじは星形で普通のドライバーでは開かないのでトルクスドライバーを使用します。

トルクスドライバーのT5を使います。

ねじを保管する方法は人それぞれですが、自分はセロテープでどこにどのねじか分かるように画像のようにくっつけています。

たまに長さの違うねじを使っているPCがあったりするので分かるようにしています。

ねじを外したらフタを外していきますが、薄い板状のものを差し込みフタを開けていきます。

自分は近くにあった定規を差し込んでいますが、プラ系のにしたほうが傷つきにくいと思います。

フタにはツメがついていて、開けるとバキッっていうので勇気がいりますが頑張って開けていきます。

開けるとこんな感じ。

手前の黒い固まりがバッテリー。バッテリーも内蔵されているので交換するときはこんな感じで開けていく必要があります。

この緑色の細長いのがSSD。M.2というタイプなのでコンパクト。

搭載されていたSSDはLITEON Technology Corporationという会社のメイドインTaiwanのSSD。

入れ替えるSSDはキオクシアの500GBでAmazonで5,780円で購入。

SSDを替えるのは簡単。

黒いテープをめくったらねじが出てくるのでプラスドライバーで外します。

ねじを外すとSSDを抜けるので新しいSSDを差し込んでいきます。

切欠と合わせ差し込んでねじ止めしてテープ戻して終了。

実際に開けてみた感想はやはりメモリはオンボードで直付けされているので交換は不可です。

同じLenovoでideapad 320というsがつかない15インチのタイプがあるのですが、そっちはメモリの空きスロットが1つあるのでメモリ増設は可能です。

320sはメモリ増設が不可なので8GBのまま使うことになります。メモリ増やしたい人はあきらめましょう。

とはいえCore™ i5-8250Uでメモリ8GBなのでネット、書類作業、軽い動画作成等に関しての不便は全くなく、立ち上がりの速さもSSDの恩恵を受けているのでストレスはありません。

キー打刻の感触も良く、いつも使っているレッツノートより好きな感じです。

30,000円ぐらいで良品が手に入るなら買いだと思いますので、気になる方はぜひ探してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です